検索
  • 加藤勇気

ぼーっとすることが重要みたいです


ぼーっとしている時って、脳内ではデフォルトモードネットワークが活発に可動していて、何もしていないのに脳内では活動時の15倍もエネルギーが消費されているという研究結果をワシントン大学の研究で見つけたそうです。

よってぼーっとしている方が「ひらめき」を導きやすい状態にあるんですって。

何もしていない時間は無駄だっ!

ではなくて実は超重要なんです。

何も考えないときはスマホを置いて、本当に何も考えない。

私もそんなときのほうがひらめきが多いです。

ひらめきを得るプロセスですが

インプット

インキュベーション(孵化)

ひらめき

検証

脳内にある情報(知識)が孵化するまで放置する。

と、ひらめきを得るのでそれを検証してアウトプットしていく。

知識を得ておかないと起こらない現象なので、どんな知識でも詰め込んでおく事は無駄にはなりません。

どうでもいい情報からでも発展や派生効果は生まれるんです。


0回の閲覧