検索
  • 加藤勇気

高齢ドライバーの事故とか


痛ましい事故が報道されるたびに悲惨な現状を知り、どこにぶつけてよいのか分からない憤りを感じたり、自分の家族に降りかからないとも言えない不安もよぎりますが、これは技術の発展の代償なのでしょうか。

高齢化社会がどんどん進み、特にドライバー不足が深刻な物流業界は従業員の高齢化問題も抜本的な解決策を見出す事ができずにいますし、難問だらけで大変なのが現実です。

で、この高齢者事故問題ですが世代別の事故率で一番比率が低いというのはご存知でしょうか?

調べてみた所、平成27年の交通事故発生状況データによると

1位20代

2位40代

3位30代

4位60代

5位50代

6位70代

7位10代

8位80代以上

いわゆる高齢者といわれるのは70代以上とすると最も事故率が低い世代という事になります。

しかし、報道の仕方で見る人間の印象が操作されますから「老人から免許をとりあげろ」とか声高に叫ぶ人がでてくるわけですね。

高速道路の逆走にしてもそうですが、これを一番起こしている世代は20代です。

たしかに運動能力は劣るでしょうし、事故理由も体がうごかなかったとか判断が追い付かなかったという加齢による事故原因もありますからね。

あきらかな認知症がうかがえる家族がいたら、一刻も早く車に乗れない状態にしないと痛ましい事故の当事者になってしまう可能性は高いんでしょう。

認知症だと、免許を返納したことすら忘れて運転してしまうそうですからね・・・。


0回の閲覧