検索
  • 加藤勇気

継続維持する事が求人募集成功への秘訣でありましょうぞ


あと一人従業員が足りないから募集を出そう!

と求人の需要は業務に人手が足りない時に適材適所でスポット的な使い方をするのが今までのパターンです。

ですが、ネット社会になった現代ではそれでは結果が伴いません。

弊社では現在多業種の求人に携わっておりますが、やはり通年継続的に行う手法を試したことは無かったようでした。ドライバー不足でお悩みの運送会社様が半数を占めていますが、お金を掛けても全然人が来ないと嘆いていました。

では具体的にどういった事をしているのかですが

募集ページの頻繁な新規投稿と更新

コーポレートサイトの整備と管理運用

主軸はこの2点だけです。

ネット環境の整った現代では求職者がネット利用をするという前提で対策を行う必要があります。

応募しようとする企業のイメージが重要という事になります。法人名検索で結果がGoogleに表示されないようでは論外ですし、内容が薄い、デザインがあまりよろしくないなどもマイナス要素になってしまいます。

求人媒体を利用するとなれば、そのほとんどが媒体へ丸投げになるケースが多いでしょう。記事内容なども文章や内容校正のほとんどが媒体の担当者が作り、校正も目を通すくらいでおしまいです。

記事数も無尽蔵に出せるわけではありませんし、都度料金が加算していきます。

よってほとんどが1ページに集約されてしまうのでどんな記事を書けば反応が良いのか数字を集計していく事が難しいんです。

もちろん、莫大な費用を掛ければ可能ですが本末転倒です。

それを自社でやれば何でもできるようになるんです。

何ページも作成することができ、そのページごとの閲覧数を見る事ができますし、どんな検索ワードで来たのかなども分かるようになりますし、タイトルや記事内容なども都度変更できます。

弊社提案の手法を取り入れれば応募が来ない原因を探る事ができるようになります。適格な対策が可能になるのでより良い募集記事を作成する事ができるようになるんです。さらにコーポレートサイトのSEO対策にも効果を発揮する事になるので集客にもつながります。

いうなれば既存の求人手法は掛け捨てです。

確実に残る方が良いとおもいますが。


0回の閲覧