検索
  • 加藤勇気

ジャンボ宝くじ 西銀座チャンスセンター


年末ジャンボの季節になりました。

毎年この季節になるとクローズアップされる西銀座チャンスセンター。

私も一度並んだことがありますが、なんと販売窓口ごとに並ぶんですよここ。

窓口ごとに当選実績が異なるので当たりが多いところだと2時間とか並びます。寒空の中ですが、大きな夢を描いて並ぶのでヘッチャラなんですね。

ところでジャンボ宝くじのシステムをご存知でしょうか?

1ユニットが2000万枚なので、一等の当選確率は1ユニットにつき2000万分の1です。

って言うかなんかいつの間にか1ユニット2000万枚に増えてるんですが・・・。

ユニット数が同じ宝くじを10枚買うと200万分の1となります。

200枚買えば20万分の1

2000枚買えば20000分の1で億のお金が当たります。

で、私はいつも思うのです

前後賞の前後を引いた方はいったいどんな新年を迎えるのでしょうかと・・・。

前後賞の前後は2通りあり、本年は25ユニット発売されますので一等7億円と前後賞合わせて10億円を手にし幸福の絶頂を手にする方の陰で、前後賞の前後を引いた50人の地獄絵図・・・。

宝くじは夢を買うといいますが、夢を買うという行為はこんな弊害があるのです。

いやぁー残酷ですね。。。

連番で買おうがバラで買おうがこの悲劇からは逃れられません。

悲劇を回避する方法は一つ

夢を買わない

事です。

でも、この悲劇を自分が被ったとして想像してみると、とてもじゃないけど現実を受け入れられないですよ・・・。

宝くじ売り場を見るたびに絶望が身を襲い、まさにPTSDになりそうですし、ストレスなど精神的なダメージは計り知れません。

なので宝くじ売り場にはこのように公示するべきではないでしょうか?

前後賞の前後は、ハズレですと。

他のハズレくじと全く同じ確率なんですけどね。

このように夢を買うのはリスクが生じます

皆様、夢を買うにもご注意ください。


0回の閲覧