検索
  • 加藤勇気

モデル就業規則 労働基準法の改訂


以下厚生労働省サイトにて

常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法(昭和22年法律第49号)第89条の規定により、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督 署長に届け出なければならないとされています。就業規則を変更する場合も同様に、所轄の労働基準監督署長に届け出なければなりません。

 次に掲載しております「モデル就業規則」の規程例や解説を参考に、各事業場の実情に応じた就業規則を作成・届出してください。

と、なっていて10名城の従業員がいる企業はすべて就業規則を作って従業員に内容の確認をさせている事になっています。

ほとんどの従業員はその存在自体を知らないでしょうが、あるんですよね就業規則って。

私は雇用時代に存在自体は知っていましたが、事務所の書庫に保管してあって定期的に従業員代表が署名捺印して確認としていたように記憶していますが。

で、厚生労働省が参考にしてくれと言っているくらいなので、その内容をほぼ移したような規則が出来上がるわけですが、今回その内容を一部変更するという事です。

その内容ですが

許可なく他の会社等の業務に従事しない

という項目が無くなり

勤務時間外に他の会社等の業務に従事できる

事前に所定の届け出をする

という内容になるそうです。

前項で書いた内容がとてもタイムリーなんですが、やっぱり社会がこのようになっているという事なんですね。

夫婦共働きと子育てを両立するのは、やってできない事ではないが楽ではないのは言うまでもなく、家族ができたら家族を第一に考えたいというのは誰しもが考える事でしょう。

でもダブルワークが当たり前に認められる社会になったら家庭は少しでも良い方向にいくのでしょうか?夫の収入よりも世帯収入で考えられる時代ですから隙間があれば働く社会は変わっていかないんですよね。

隙間でやる仕事は自分の趣味の延長上とか、ストレスを解消できる側面も持った在宅ワークなどができたら良いでしょうけど。


0回の閲覧