検索
  • 加藤勇気

宅配業務の運賃高騰 軽貨物業務委託の実収は?


ドライバー不足からか、大手宅配業者などの求人内容が高騰してきてます。

私の情報ですが

宅配 東京北部地域 12時間拘束 日額17000→19000円

宅配 埼玉南部地域  10時間高速 日額16000→18000円

宅配 千葉中部・神奈川中部 個建200→230円

ネットスーパー 東京北部 17000→19000円

ネットスーパー 埼玉中部 14000→16000円

ドライバー不足からの運賃高騰が加速しています。

年末年始の労務状態を緩和する対策でもあるのでしょうが、大手宅配業者は雇用している社員の労働時間の問題による対策だと思われます。

ニュースにもなってますが、未払い残業と社会保険料などで今季は赤字になってしまうようですが人財不足を抜本的に改善、対策しないと一時的な効果しかありません。

が、上記の運賃は高騰しているように見えますが本来はこのくらいの水準でないと定職としては厳しいです。

業務委託ドライバーですので経費は自分持ちになりますから

17000円×25日=425000円

となりますが425000円は実収ではありません。

どこかに所属しているハズなのでロイヤリティなど引かれます

425000×15%=63750円がロイヤリティ

更に事務手数料など別途定額でかかります

事務手数料 5000円

加盟金 30000円

とすると残りは326250円

ここから車両経費を引きます

車両代 一か月35000円

燃料代 一か月30000円

とすると残りは261250円

そこから国民健康保険・住民税等支払います

なので一日17000円の仕事を25日やっても手取りは20万ほどになってしまいます。

確定申告時に所得税も支払わなければなりません。

と、言っても運送業の人件費率はおおむね50%ですので計算通りの数字ですから低いわけでも引かれすぎなわけでもありません。

最近はロイヤリティが低い・加盟金などがかからない会社も増えてますし、そういった会社はとても伸びるのが早いしドライバーがドライバーを呼ぶ効果もあって人も爆増していきます。

全部込みで3%しかとらない会社も存在します。

425000×3%=12750円

差額86000円です。

単純に計算するとこうですが、ではその実態はどうかという事もあります。

15%のロイヤリティがあるが仕事量が豊富で売上向上のシステムが良く動き売上が80万近く行く会社と3%のロイヤリティだけど売上が40万円止まりの会社。

個人事業主として業務を受託するのですから売上が上がらなければ話になりませんし。どちらを取るかは個人の自由です。

で・す・か・ら

所属する会社がとても重要です

余談ですが、実はこのシステムに異を唱えている世界的に有名な企業があるんです。もちろん日本法人も存在しています。それもあって私は数年後にこのシステムが大改革されるのではないかと思っています。

たしかに本来荷主が出している運賃をそのまま受け取る事ができるようになればドライバー不足は改善されると思います。

そのためには中間業者を無双する必要があるんですが、それができるだけの力が無いと難しい・・・でもあの会社ならそれをやってしまうと思えます。こと個人宅業務についてでは、ですが。

現在軽貨物ドライバーの方、これからやろうかと考えている方は上記の事を踏まえて行動していけば、より良い環境を掴めると思います。


0回の閲覧