検索
  • 加藤勇気

トラガールという阪神ファンの女子のような呼び方の国土交通省がやってる女性ドライバー促進プロジェクト


物流業界では若年層と女性の比率がとっても低いんです。ドライバー不足になっている原因、おそらくこれが根っこじゃないかと思ってます。

若年の女性が大勢活躍している運送業者

これだけでも相当なイメージUPですし、基本的に男性が多い職場ですから場も和んだり良い効果は計り知れないのではないでしょうか。

私は引越業界に17年ほどおりましたが、若い女子がいなかったかというと、そこそこいましたし、春休みや夏休みなどは運動部の女子高生が友達引き連れてアルバイトにくるとか比率は少ないですがある程度の女子色はありました。

リーダーができる能力があって、トラックも運転できる女子もいましたしね。

でも雇用機会均等法で直接的な表現は禁止されていますので、女性によびかけるような表現をつかうと良いとされています。

あなたの笑顔で職場を癒してください!

みたいな。

このように自社サイト上で女性ドライバーや若年層が実際働いているイメージを表現する事が重要です。和気あいあいとした社内風景の写真を使うなど効果的です。

そんな写真撮らしてくれないよーって声が聞こえてきそうですが、仲間が増えるという事が会社の躍進につながる、自分がその力になれるんだ!と自覚してないからでしょう。まずは社内の意識改革からですね。

女性や若年層が見てくれた時の為にサイトのコンテンツを変更する

これもインバウンドマーケティングです。

ところで、土木系で働いている女子を「ドボジョ」と言うそうですが、

誰も止めなかったんでしょうか?


0回の閲覧