検索
  • 加藤勇気

選挙にいこうと、いくまいと(持論)


さて、今週末に衆議院選挙です。

昨今の投票率が低いのは皆さん周知の事かと思います。

メディアでもよく報じていますしね。

で、その低い投票率って世代別にどうかご存知ですか?

想像にたやすいでしょうが、もちろん若者が投票しにいきません。

忙しい・わからん・行っても無駄でしょどーせ

という声が聞こえてきそうですが。

30代前後の投票率 30%

60代前後の投票率 60%

と、まあ倍違うんですね。

この数字は公表されている数字です。

世の中、戦略というものは数字から立てるものです。

よって、高齢者に好評な政策を立てる政党や候補者が勝つようになるのは当たり前で、選挙に行かない若者が多くなればなるほど若者が過ごし難い世の中になって行くのですよ。

自分一人が行ったって変わらねー!って思うのなら友達誘ってみんなで行けばいいと思う。それが影響するほどの規模を作ってやればいい。

実際には難しいでしょうが、そんな思考を持ってまずは政治に参加する事が重要だと思うのですよ。

分からないなら分かるように努力すればいい。

分かろうとしないのに文句だけ言うのは、滑稽だからやめましょうよ。


0回の閲覧