検索
  • yuki kato

何ページ下層まで見ているのか?


お仕事探しをしている人たちの行動。

これに準じてコンテンツを作成する事が必要ですよね。


仕事探しの最適ツールindeed

求人情報のプラットフォームとして君臨しています。


現在では月間3000万PVを誇る最大級プラットフォームです。


お仕事探しはindeed


CMでも有名ですよね。


そんな誰でも使っているindeedですが、検索者はどういった使い方をしているでしょうか?

たとえば・・・どのくらいの数をみているのか?

indeedの発表では平均8.8ページとなっています。


スマートフォンでの表示数は1ページにつき25件ですので平均220件の求人を閲覧している計算になります。


結構すごい数見ているんですね。


そうなると・・・表示順位ってさほど問題にはならないんです。

重要なのは「タイトル」と「キャッチコピー」、そして求人の本文です。


やることも明確。


「220件のライバル求人に対して差別化を図る」


自社が求人を出している地域で検索しましょう。


・どんな求人が出てくるのかを把握しましょう。

・どんなタイトルを使っているのか?

・どんな写真を使っているのか?

・どんな本文を書いているのか?


まずは検索して内容を見てください。

ほとんどおんなじですから!!!!!!!


差別化を図る事の容易さに驚愕すると思います。


テンプレートを使った感情が無い文章の無意味さ。

御社の求人が上手くいかない最大の理由はこれです。


#indeed #いんでぃーど #インディード #求人 #成功の秘訣 #真実 #求人広告 #管理代行 #埼玉県 #さいたま市


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示